大阪在住ですが収入目当てで愛人クラブに入会しました

大阪在住ですが収入目当てで愛人クラブに入会しました

福岡地方に旅行に行って大阪へと帰ってきました。
旅行気分から現実に戻らなければならないのですが仕事もしていないプー太郎の私が希望を持てるわけもありません。
大阪近辺の仕事情報誌を検索してもよいものがありませんでした。
通常の時給に比べたらわりのよいものはありましたが興味がなくてやる気がないのです。
すぐにでも旅行に出たいのにこんな時給で働くモチベーションが維持できないというのもあったのでした。
以前務めていた食品工場の先輩から急にメールで今会えないかと連絡がきたのです。
すぐに喫茶店で待ち合わせをして話を聞いてみたら地味だった先輩がなんとがらりと豹変しているではありませんか。
駐車場には外車を停めてイケメンの彼氏も待たせているというのです。
ここまで成り上がったのは愛人クラブを始めたからだと力説をしてくれたのでした。
食品工場の給料も捨てがたいものでしたので努めつつ愛人クラブでも収入を得ているというのです。
二重に収入が得られるのなら余計に裕福な暮らしをできます。
何よりも素晴らしいイケメンの彼氏ができているなんて羨ましい限りで私も愛人クラブに入会をしたのです。
収入も高額であればあるほど嬉しいのはいうまでもありませんがああいった類の男性と知り合える可能性もあるのですから女性側も楽しみがあります。
いつでも相談に乗ってくれると親切に教えてくれたのはかつての自分を見ているようだからとはにかみながら語ってくれたのです。
先輩にはもう感謝の気持ちしかなく希望に満ち溢れた愛人クラブでの人生をスタートさせたのでした。